カテゴリー一覧

ウンベラータ

カテゴリー:ウンベラータ, 観葉植物の楽しみ方

コメント:0

おすすめポイント
Check point

ウンベラータは大きなハート型の葉と独特の樹形が魅力の大人気の観葉植物です。
オシャレなインテリアにも、とっても似合うため、カフェや雑貨店、インテリアショップなどにもよく飾られています。

取り扱っているサイズもテーブルに飾れる小さなものから、2メートル近い大型のものまであるのも人気のヒミツです。育てていく楽しみがあります。

少し寒さに弱いですが、比較的育てやすい植物ですのでギフトとしても人気があります。
特にハート型の葉のイメージで結婚のお祝いにおすすめです。

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 1年を通して直射日光を当てずにレースのカーテン越しの光を当ててください。
直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意してください。
温度 風通しの良い、10度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 冬以外は土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えてください。
冬は土が完全に乾いてから、水を与えてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。
肥料 春~秋に3回程度に観葉植物用の置き肥などを与えてください。

基本情報
Basic information

科名 クワ科[Moraceae]
属名 フィクス(イチヂク)属[Ficus]
名称 フィクス・ウンベラータ[Ficus umbellata]
原産地 熱帯アフリカ[アフリカ熱帯雨林気候区]
花言葉 永久の幸せ

亀甲竜

カテゴリー:亀甲竜, 観葉植物の楽しみ方

コメント:0

おすすめポイント
Check point

亀の甲羅のような塊茎が魅力的な亀甲竜。

亀甲竜はアフリカ産とメキシコ産の2種類があります。

メキシコ産は夏に成長して、アフリカ産は冬に成長します。
環境によっては葉を落とす時期でもそのまま成長する場合もあります。

夏になると葉が落ち、甲羅だけになります。
甲羅の中の養分だけですごし、冬になるとハート型の葉を生やす。

葉が茂ると黄色い花が咲くこともあります。

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 1年を通して直射日光を当てずにレースのカーテン越しの光を当ててください。
直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意してください。
温度 風通しの良い、10度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 夏以外は土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えてください。
夏は土が完全に乾いてから、水を与えてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。
お水 夏以外は土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えてください。
夏は土が完全に乾いてから、水を与えてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。

基本情報
Basic information

科名 ヤマノイモ科[Dioscoreaceae]
属名 ヤマノイモ属[Dioscorea]
名称 亀甲竜[Dioscorea elephantipes]
原産地 アフリカ
花言葉

ベンジャミン・バロック

カテゴリー:ベンジャミン, 観葉植物の楽しみ方

コメント:0

おすすめポイント
Check point

ベンジャミン・バロックはベンジャミンの園芸品種で、小さな葉がクルンとカールしているのが特徴です。

ベンジャミンは幹が扱いやすいので、樹形を楽しみながら育てるのも楽しみのひとつです。
原産地のインドやネパールでは20m以上の高さにもなることがあり、「聖木」として大切にされています。

ベンジャミンは美しい樹形と育てやすさで人気の観葉植物です。
そのスタイルは、どんな空間に飾っても存在感を与えます。

幹が扱いやすいので、樹形を楽しみながら育てるのも楽しみのひとつです。

どんな場所にもマッチする定番の観葉植物、インテリアとしてもギフトとしても人気があります。

Q&A

Q:
“バロック”の葉に、白あるいは薄緑色のカビのようなものが付いていますが病気でしょうか?

A:
葉の内側に付いている白いものは汚れです。潅水に含まれるミネラル分が乾燥により少しずつ結晶して浮き出たものや、葉剤に含まれる鉱物粉などが付着したものです。また、薄緑色のものはシダ類の胞子が付着したもので、いずれも植物や人体に特に害を及ぼすものではありません。
“バロック”はその特殊な葉の形状から、水や汚れを葉の内側に受け止めて溜めてしまいます。その水が蒸発した結果、普通の形の葉の何倍もの汚れが結晶してしまいます。このことは“バロック”の宿命と言えます。
また、同時にその特殊な形状は出荷時にそれらの汚れを拭き取る作業も困難にしています。
そのため現在は出荷時にワックスをかけて目立たなくする処置を施しているのですが、それも時間が経つと効果が薄れていきます。今後この問題は栽培サイクルの短縮やハウス内の湿度調整等で改善を図っていきたいと考えていますので、いましばらくの間ご容赦ください。

Q:
耐寒性はありますか?

A:
“バロック”はまずまずの耐寒性を持っています。平成24年12月1日から平成25年3月末日までの4カ月、無加温の部屋で耐寒試験をしました。
その間、鉢を置いた位置で-2.5℃が2回、-2℃が2回、-1.5℃が2回、それ以外にも氷点下の朝が27回ありました。
1月の平均最低気温は0.7℃です。
それでもほとんど葉を落とすことなく元気に生育しています。
ただし、乾燥気味の管理が絶対条件になります。

Q:
冬の管理がよくわかりません。

A:
一般的に言えることですが、観葉植物は寒い時期に水を控え気味に管理します。
具体的に数字で示しますと、目一杯用土が水を含んだ状態を100%とするなら、寒い時期は50%以下で管理していただくといいと思います。
“バロック”の場合ですと20~30%あたりの含水量がより安全かと思います。
管理方法としては、20%あたりになったら少量の水を与えて30%に戻してください。以後それの繰り返しです。
含水量は鉢を持ち上げてみて重さで判断するといいでしょう。上の写真の“バロック”も同様の管理をしました。
たっぷり水を与えるのは暖かくなって植物が活発に生育する時期になってからです。
また寒い時期には肥料など絶対に与えないようにしてください。

Q:
購入してしばらくしたら下の方から葉が黄色くなって落ち始めました。何が原因でしょう。

A:
下葉が落ちる原因は色々考えられますが、多くは以下のことが原因です。
1.水管理の不適
水切れしますと下葉が落ちることがあります。
また、逆に多すぎても根を傷めて葉を落とすことがあります。
2.照度不足
人が明るいと感じても植物にとっては照度不足の場合があります。
できるだけ窓の近くに置いてください。
3.ストレス
環境の変化によるストレスでもはを落とすことがあります。
例えば頻繁に置き場所を変えることなどは植物にストレスを与えます。
温度、照度、水管理などが適正な範囲内であるならば常に同じ場所に置いてあることが望ましいでしょう。

Q:
下葉ではなく、新芽や若葉がポロポロ落ちてきます。原因は何でしょうか。

A:
新芽や若葉が落ちる原因はいろいろ考えられます。
1.
ストレスでも新芽や若葉が落ちることがあります。他の部分に問題がなければそれが原因かもしれません。
2.
若葉が黄変したりいびつに歪んでいるようでしたら葉の裏側をよく観察してみてください。
0.5ミリほどの小さな赤いクモのような虫が付いていたらそれはハダニです。
“バロック”に限らず多くの観葉植物はハダニの食害で葉を落としたり傷めたりすることがあります。
ハダニは厄介な害虫で、ハダニ専用の殺虫剤も数多く販売されていますが、耐性を持っている場合などもあり、なかなか薬では根絶できません。
ただ、ハダニにはひとつ弱点があります。それは湿気に弱いことです。
ハダニを発見したらその付近に毎日葉水をかけるようにしてください。ハンドスプレーで葉の裏側にシュッ、シュッと何回かかけていただければそれだけでOKです。
1週間も続ければ目に見えてハダニは減ってきます。それを継続すれば2、3週間で根絶できると思います。
ただしハダニは他の植物からまた移ってきますし、風に乗って外からも侵入してきます。
そのため葉水は継続することをお勧めします。葉水は植物にとっても心地よいことですから、
ぜひ毎日の週間にしていただくといいと思います。

Q:
パテント品種と書いてありますが、何か制約がありますか?

A:
一般の方が購入された場合には何も制約はありません。趣味の範囲内での増殖も可能です。
ただし許可を得ないで販売目的での増殖をすることは法律で禁止されています。また、市場や売店でそれらの海賊版を販売することも禁止されています。
もし市場や売店等でパテントラベルもしくはパテントシールの付いていない“バロック”あるいは類似品を見かけた場合には直ぐに下記の電話番号に連絡していただきますようお願いいたします。

■海賊版ホットライン:090-1727-0463

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 1年を通して直射日光を当てずにレースのカーテン越しの光を当ててください。
直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意してください。
温度 風通しの良い、10度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 冬以外は土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えてください。
冬は土が完全に乾いてから、水を与えてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。
肥料 春~秋に3回程度に観葉植物用の置き肥などを与えてください。

基本情報
Basic information

科名 クワ科[Moraceae]
属名 フィクス(イチヂク)属[Ficus]
名称 ベンジャミナ・バロック[Ficus benjamina Barok]
原産地 東南アジア[東南アジア熱帯雨林気候区]
花言葉 融通のきく仲間

メロカクタス巻雲

カテゴリー:メロカクタス, 多肉植物の楽しみ方

コメント:0

おすすめポイント
Check point

流通量が少ないメロカクタス属のサボテン。
赤い帽子を被っているようなスタイルで、とっても個性的です。

10年以上かけて成長して赤い部分の花座を付け、この部分に花を咲かせます。

流通量も少なく生産者も減っていますので、今後はさらに入手が困難にサボテンです。

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 1年を通して直射日光を当てずにレースのカーテン越しの光を当ててください。
直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意してください。
温度 風通しの良い、10度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 冬以外は土の表面が乾いてから2~3日後に水を与えてください。
冬は土の表面が乾いてから7~10日後に水を与えてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。

基本情報
Basic information

科名 サボテン科[Cactaceae]
属名 メロカクタス属[Melocactus]
名称 メロカクタス巻雲[Melocactus neryi]
原産地 南アメリカ
花言葉

パキポディウム・シバの女王の玉櫛

カテゴリー:パキポディウム, 多肉植物の楽しみ方

コメント:0

おすすめポイント
Check point

パキポディウムの中でも最も有名なシバの女王の玉櫛。

太い幹にトゲ、黄色く咲く花などパキポディウムの楽しめる要素が満載です。

パキポディウムはマダガスカルなどの乾燥地帯に自生する植物です。
樹形が特徴的で変化に富み、美しい花を咲かせます。

サボテンのように茎が葉緑素をもって光合成を行う多肉植物と違い、葉で光合成を行います。

春先には花茎を伸ばして、黄色い花を咲かせます。

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 1年を通して直射日光を当てずにレースのカーテン越しの光を当ててください。
直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意してください。
温度 風通しの良い、10度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 土が完全に乾いてから2~3日後くらいに水をあげてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。

基本情報
Basic information

科名 キョウチクトウ科[Apocynaceae]
属名 パキポディウム属[Pacypodium]
名称 パキポディウム・デンシフローラム[Pachypodium densiflorum]
原産地 マダガスカル
花言葉

斑入りモンステラ・デリシオサ

カテゴリー:モンステラ, 観葉植物の楽しみ方

コメント:0

おすすめポイント
Check point

モンステラは、切れ込みの入った大きな葉や茎から伸びた太い気根が特徴的な観葉植物です。
南国の雰囲気を演出できるモンステラは、インテリアのアクセントとしても飾れます。

モンステラ・デリシオサは大きな葉と左右対称の切れ込みが特徴的な人気のモンステラです。
ヒメモンステラとして有名なモンステラ・アダンソニーはモンステラ・デリシオサと比較すると葉が小さく、切れ込みが左右非対称なのが特徴です。

取り扱っているサイズもテーブルに飾れる小さなものから、1.5mくらいのものもあり、お部屋やお店の雰囲気に合わせて飾れます。

とても育てやすいので初めて観葉植物を購入される方にも最適です。もちろんギフトとしても人気の観葉植物です。

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 1年を通して直射日光を当てずにレースのカーテン越しの光を当ててください。
直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意してください。
温度 風通しの良い、10度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 冬以外は土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えてください。
冬は土が完全に乾いてから、水を与えてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。
肥料 春~秋に3回程度に観葉植物用の置き肥などを与えてください。

基本情報
Basic information

科名 サトイモ科[Araceae]
属名 モンステラ(ホウライショウ)属[Monstera]
名称 モンステラ・デリシオサ[Monstera deliciosa]
原産地 ギアナ(アメリカ熱帯雨林気候区)
花言葉 うれしい便り

ソフォラ・ミクロフィラ

カテゴリー:ソフォラ, 観葉植物の楽しみ方

コメント:0

おすすめポイント
Check point

メルヘンの木として人気のソフォラ・ミクロフィラ。
節で折れ曲がる可愛い姿を楽しめる常緑樹です。

弱いそうに見えますが、意外にも丈夫な植物です。
独特の雰囲気でお部屋のインテリアとして面白い植物です。

室内、外問わず日当たりと風通しの良い所を好みます。
耐寒性はある方ですが、室内に入れていた方が良いでしょう。
水は、土の表面が乾いてからたっぷりと与えてください。

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 1年を通して直射日光を当てずにレースのカーテン越しの光を当ててください。
直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意してください。
温度 風通しの良い、5度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 冬以外は土の表面が乾いてから2~3日後に水を与えてください。
冬は土の表面が乾いてから7~10日後に水を与えてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。
肥料 春~秋に3回程度に観葉植物用の置き肥などを与えてください。

基本情報
Basic information

科名 マメ科[Fabaceae]
属名 ソフォラ属[Sophora]
名称 ソフォラ・ミクロフィラ[Sophora microphylla]
原産地 オーストラリア・ニュージーランド
花言葉

リプサリス・ネベスアルモンディー

カテゴリー:リプサリス, 多肉植物の楽しみ方

コメント:0

おすすめポイント
Check point

リプサリス・ネベスアルモンディーは線香花火のように先端で葉が細かく分かれているサボテンです。

ある程度の長さになると垂れてくるので、吊り鉢やウォールラックなどに飾ると良い雰囲気になります。

リプサリスはサボテンの仲間で、細長い茎が何本も伸びてくる面白い植物です。
ブラジルを中心に約60種が分布しています。

成長すると茎の先に黄色い小さな花を咲かせます。
花が終わると、白い丸い実を実らせます。

サボテンとしては育つのも早く、二酸化炭素や窒素の吸収、水分の蒸発が活発で、シックハウスの原因となる物質も吸収すると言われています。

直射日光は必要ありませんが、なるべく明るい室内で育ててあげて下さい。
生育期の春から秋には表土が乾いたら水をたっぷりやり、冬には休眠するので水を少し控え、室内の暖かい場所で管理します。

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 1年を通して直射日光を当てずにレースのカーテン越しの光を当ててください。
直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意してください。
温度 風通しの良い、5度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 冬以外は土の表面が乾いてから2~3日後に水を与えてください。
冬は土の表面が乾いてから7~10日後に水を与えてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。

基本情報
Basic information

科名 サボテン科[Cactaceae]
属名 リプサリス属[Rhipsalis]
名称 リプサリス・ネベスアルモンディー[Rhipsalis Neves Armondii]
原産地 ブラジル
花言葉

オリーブ【オリーミー】

カテゴリー:お庭の楽しみ方, オリーブ, 創樹

コメント:0

おすすめポイント
Check point

「Oli-me(オリーミー)」は2つの異なる品種を一緒に育てることで、実付きのオリーブをお楽しみいただけるプランツです。

オリーブの花言葉は「平和」、そして「知恵」。大切に育てて、毎年小さなしあわせを実らせませんか?

オリーブは乾燥した温かい気候を好む常緑高木です。
耐寒性にも優れていてマイナス5度くらいの気温でも耐えれます。関東地方以南でしたら路地植え栽培も可能です。

オリーブはウメやモモなどと同じく他家受粉性果樹ですので、実を付けるためには2品種植えることが必要となります。

庭木として人気の植物です。ご自宅のシンボルツリーとしてお庭で育てるのも面白いです。
実が付けばオイルを抽出することもできます。

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 日光を好みます。日当たりのよい場所で育ててください。
温度 風通しの良い、0度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 冬以外は土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えてください。
冬は土が完全に乾いてから、水を与えてください。

基本情報
Basic information

科名 モクセイ科[Oleaceae]
属名 オリーブ属[Olea]
名称 オリーブ[Olea europaea]
原産地 地中海沿岸
花言葉 平和

斑入りアデニウム(砂漠のバラ)

カテゴリー:アデニウム(砂漠のバラ), 多肉植物の楽しみ方

コメント:0

おすすめポイント
Check point

流通量の少ない斑入りのアデニウム。
樹形とお花以外にも葉も楽しめる可愛らしい植物です。

茎の根元がぷっくりと膨らんだスタイルが人気のアデニウムです。
ピンク色や赤色のキレイな花を咲かせることから「砂漠のバラ」とも呼ばれています。

アフリカ原産で砂漠のような地帯で生息したため乾燥に強く日光を好む植物です。

乾燥を好みますので、水やりには注意が必要です。成長期の7~9月は土が乾いたらたっぷり与えて頂き、冬は水を与えないように注意して下さい。
また寒さにも弱いので、最低でも10度以上の室内で管理して下さい。

気温と水を与え過ぎないように注意すれば育てやすいので多肉植物の中でも人気のあります。

育て方のポイント
How to raise the plants

日当たり 1年を通して直射日光を当てずにレースのカーテン越しの光を当ててください。
直射日光が当たると葉焼けする可能性があるので注意してください。
温度 風通しの良い、5度以下に気温が下がらないような場所で管理してください。
エアコンの風などが当たらないように注意してください。
お水 冬以外は土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えてください。
冬は土が完全に乾いてから、水を与えてください。
受け皿に溜まったお水は捨て、葉水や霧吹きで葉の表面の乾燥を防いでください。

基本情報
Basic information

科名 キョウチクトウ科[Apocynaceae]
属名 アデニウム属[Adenium]
名称 アデニウム・SP[Adenium sp.]
原産地 アフリカ(アフリカサバナ気候区)
花言葉 一目惚れ
お問い合わせ
Inquiry

お電話・FAXでのご注文

TEL:0120-870-115

FAX:0120-870-439

メディア情報
Media Infomation
店長
Store manager

担当:富田広志

ヤフーショッピング店
Yahoo! shopping store
#Cart

ソーシャルネットワークサービス Social Networking Service

商品カテゴリー一覧 Category

観葉植物
Green
多肉植物
Succulent
ガーデンフラワー
Garden Flower
フラワーアレンジメント
Flower Arrangement
ガーデニング資材
Garden Material
肥料
Fertilizer

お買い物ガイド Guide

お支払方法 Payment
銀行振込
三菱東京UFJ銀行
入金確認後の発送となります。
振込手数料はお客様のご負担となります。
代金引換
ゆうパック(代金引換)
宅急便コレクト
代引手数料:324円(税込)
クレジットカード
VISA・マスターカード・ダイナース・JCB・アメックス
NP後払い
NP後払いの使い方
決済手数料:216円(税込)
Yahoo!ウォレット
Yahoo!ウォレットについて

詳しくはお支払い方法についてをご覧ください

配送方法 Delivery
配送会社
郵便局
ヤマト運輸
沖縄・離島へのお届けはできません。
冬季寒冷地(北海道、東北、信越、北陸地方)への観葉植物のお届けは、寒さに弱い商品の性質上お断りすることがございます。
時間帯お届けサービス
午前中・12~14時・14~16時・16~18時・18~20時・20~21時
送料
10,800円以上のご購入で全国送料無料!
北海道・沖縄・離島を除く地域
100cm未満の商品:756円
100cm以上の商品:1,296円
北海道・沖縄・離島
100cm未満の商品:2,160円
100cm未満の商品:3,240円
配送状況について
郵便局
ヤマト運輸
各運送会社のサイトで発送完了通知記載のお荷物お問い合わせ番号をご入力頂くことにより、配達状況の確認、追跡ができます。

詳しくは配送方法・送料についてをご覧ください

返品について Returned Goods
お客様都合による返品
ご購入後のお客様都合による返品、キャンセルはお受けしておりません。
不良品などによる返品
下記の場合はお取替えさせて頂きますので、商品到着から3日以内にご連絡ください。
  • 商品が不良の場合
  • 配送中の事故などで破損・汚損が発生した場合
  • 注文されたものと異なる商品が届けられた場合
商品の不良等、当社の責任による交換・返品の返送料は、当社負担とさせていただきます。
お問い合わせ先 Inquiry
お電話にて
TEL : 0120-870-115
電話受付 10:00~18:00
(土・日・祝を除く)
携帯電話からはTEL : 072(649)2266
運営会社
会社名
株式会社ユニバーサル園芸社
住所
〒568-0095
大阪府茨木市佐保193-2
電話
0120-870-115
FAX
0120-870-439
メール
info@uni-green.co.jp
URL
http://www.uni-green.co.jp
Copyright © 2012-2014 UNIVERSAL ENGEISHA CO.,LTD